高タンパクがいい理由

犬の栄養素の中でもタンパク質は重要です。成長期などには高タンパクのドッグフードが基本と言われていますが、そもそもタンパク質はどのような働きをするのでしょうか。タンパク質の働きを知ればどれだけ重要なものかを知ることができるので、ここでは働きを説明して高タンパクがいい理由について紹介します。

まずタンパク質は犬の体をつくりあげるための働きをしてくれます。犬も人間と同じように筋肉や骨、血液、内臓、皮膚などが存在していますが、これらをつくるためにはタンパク質が必要です。中には人間と同じくらいのタンパク質を摂取すれば問題ないだろうと思っている人もいますが、実は犬は人間の3倍から4倍ほどのタンパク質を摂取しなければならないとされています。必要とされているタンパク質が摂取できないと筋肉が衰えてしまいますし、毛の艶もなくなってしまいます。身体が弱ることでより病気のリスクを高めるので、リスクを減らすためにも高タンパクのドッグフードが重要です。

このように、タンパク質の働きについて話しましたが、人間はあまり多くのタンパク質を摂取すると良くないとされているので犬に与える時に抵抗がある方もいるかと思いますが、与えないと逆に不健康な生活となってしまうので、タンパク質の重要さは理解しておきましょう。